ビフィズス菌 腸内フローラ

ビフィズス菌と腸内フローラの関係

近年私たちの体内に様々な影響を与えるとして腸内フローラが注目を集めています。腸内フローラとは体内の腸の中にある100兆個以上の細菌をお花畑に例えて表している言葉です。

 

腸内に常駐する100兆個以上の細菌の中には様々な種類が存在し、常に私たちの健康や美容に多大なる影響を与えています。腸内細菌は単純に分けると善玉菌と悪玉菌に分類できます。

 

悪玉菌はその名の通り数が増加したり過剰に分泌されると、体の免疫力が低下したりお肌や血液にも悪影響を及ぼします。一方で善玉菌が腸内で活性化すると、体内の余分な老廃物を毒素として排出してくれるなどの健康や美容において良い作用をもたらしてくれます。

 

この善玉菌の代表ともいえるのがビフィズス菌や乳酸菌などの生きた菌です。腸内環境を正常に整えるにはビフィズス菌や乳酸菌を腸の中に沢山増やして、常に腸の中に留めておけるようにすることが大切です。

 

ビフィズス菌には腸の中を掃除して、腸内環境を正常に整えて便秘や下痢などの症状を予防する効果もあるといいます。また血液中のコレステロール値を下げるなどの作用にも期待が出来ると言われています。

 

このように腸内フローラを整えることは、病気や体調不良のリスクを軽減したり脂肪燃焼や美容にも良いということが分かっています。